Mandrake

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第4回WBC 感想

青木の3番は対アメリカの戦術としてはありだった

松田が居なければ全勝でロスはどうやってもなかった 環境も考えると責められない

筒香は好調だったが準決勝で決めきれなかった

中田は筒香の裏の右バッターとしては強かったがどうも信用しきれなかった

小林は期待以上のパフォーマンスを発揮してくれた

内川は5番6番に置きたかった 代打としてしっかり役割を果たした

千賀は個人的に不安が大きかったがあの図太さは日本一





第1回、第2回連覇の頃からしばらく野球を見ていなかったので正直

このメンバーで大丈夫なのか
 
とも思っていたが杞憂だった



野球の楽しさを再確認できた 侍ジャパン、お疲れ様